本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : 革新的がん医療シーズ育成領域 > がん関連遺伝子産物の転写後調節

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

革新的がん医療シーズ育成領域 / がん関連遺伝子産物の転写後調節 研究分野

がん関連遺伝子産物の転写後調節 研究分野について

研究テーマ : がん関連遺伝子産物の転写後発現調節を標的とした治療法の開発
概 要 : がん関連遺伝子産物に関する研究は、現在に至るまで常にがん研究の中心であり、がんに関する分子生物学的な理解に対して大きな牽引力となってきました。さらに、これら遺伝子産物の量的・質的な制御機構は現在のがん治療に関する基本的なドグマ形成に大きく寄与しています。加えて、さらに多くの分子ががんの形成に多面的に貢献していることが明らかとなり、これらを「がん関連遺伝子産物」と呼んでいます。本研究分野では、これらがん関連遺伝子産物の発現制御に関わる主な機構を「転写調節」「転写産物安定性」「翻訳制御」「翻訳後修飾」の4つのカテゴリーに分類し、有力なシーズから医薬品開発を明確に指向した研究を推進します。
分野長 : 中山 敬一(九州大学)分野長インタビュー

研究課題名と研究代表者

指定研究課題(平成23年度開始)

公募研究課題(平成23年度開始)

公募研究課題(平成26年度開始)