本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : 革新的がん医療シーズ育成領域 > 転写機能をターゲットとした創薬

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

革新的がん医療シーズ育成領域 / 転写機能をターゲットとした創薬 研究分野

転写機能をターゲットとした創薬 研究分野について

研究テーマ : 転写機能をターゲットとした創薬
概 要 : 染色体転座などによってできる変異型転写因子は、造血器腫瘍や肉腫をはじめさまざまな腫瘍の発がん要因となっています。その他にも、転写因子には、がん遺伝子やがん抑制遺伝子として知られるものが多くあります。また、転写因子活性の恒常的な異常は、がん細胞の増殖、浸潤・転移に深くかかわり、幹細胞性、薬剤耐性などのがん細胞の形質を規定します。従来、転写因子およびその周辺分子は創薬標的にはなりにくいとされてきましたが、創薬技術の進歩とともに可能性が開かれつつあります。本研究分野では、がん細胞の増殖・生存に欠かせない転写機能を標的化して、新規抗がん剤のリード化合物を取得することを目指しています。
分野長 : 中山 敬一(九州大学)分野長インタビュー

研究課題名と研究代表者

公募研究課題(平成26年度開始)