本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : がん臨床シーズ育成領域

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

プログラム概要 PROGRAM / がん臨床シーズ育成領域

がん臨床シーズ育成領域について

我が国のがん研究において、これまで培養細胞・実験動物を用いた様々な解析がなされ、がん細胞の増殖機構に関する独創的な知見が数多く報告されてきました。また、がん研究の成果をもとに新たな分子標的治療薬が開発され、それらの最適な使用法策定に向けて臨床試験も行われているところです。本領域は、これまでのがん研究をさらに発展させ、患者さん由来の試料を最新の技術を用いて解析することで、がんの診断・治療を大きく加速することを目指すもので、7つの研究分野を設定して推進します。特に「戦略的治療デザイン」、「難治がん」、「チロシンキナーゼ阻害剤」、「家族性がん」および「希小がん・小児がん」の5研究領域は共通して、臨床上重要な命題(例えば、一定のプロトコールによるがん治療を受けた際の有効性を規定するゲノム・エピゲノム変異)に対して解を与えるべく、網羅的なゲノミクス・エピゲノミクス解析を行うアプローチを取ります。また、他の2領域についても同様に患者さん由来の試料を独自の視点で解析することを目指します。各研究分野は分野長(TL)が統括し、実際のゲノミクス・エピゲノミクス解析の遂行については本領域の支援基盤がサポートします。

がん臨床シーズ育成領域の位置づけと実施体制

領域の位置づけ

※画像をクリックすると拡大します

領域の実施体制

※画像をクリックすると拡大します