本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : がん臨床シーズ育成領域 > チロシンキナーゼ阻害剤

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

がん臨床シリーズ育成領域 / チロシンキナーゼ阻害剤 研究分野

チロシンキナーゼ阻害剤 研究分野について

研究テーマ : チロシンキナーゼ(TK)阻害剤による有効ながん治療の実用化
概 要 : 本研究分野では、臨床に供されるチロシンキナーゼ(TK)阻害剤を組み入れた臨床試験と連動させ、治療開始前の試料と再発後の試料をペアで収集するとともに、臨床データをセットにした解析を実施することで、TK阻害剤の自然耐性あるいは獲得耐性の分子機序を解明することを目指します。具体的には、(1)TK阻害剤に対する薬剤耐性機序を解明し、その克服薬開発のための基盤知見を得ること、および(2)有効性予測を可能にするゲノムプロファイルを同定すること、を目指し、また(3)TK阻害剤治療における新たな治療標的の同定を目的とした研究も推進します。
分野長 : 中西 洋一(九州大学)分野長インタビュー

研究課題名と研究代表者

指定研究課題(平成23年度開始)

公募研究課題(平成23年度開始)