本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : 創薬基盤融合技術育成領域 > DDS技術

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

創薬基盤融合技術育成領域 / DDS技術 研究分野

DDS技術 研究分野について

研究テーマ : DDS技術
概 要 : DDS(Drug Delivery System; 薬物送達システム)は、生体内における薬物動態を制御することにより、薬効を増強し副作用を軽減する製剤技術です。リポソームや高分子ミセルなどナノ粒子を用いたDDSでは、粒子中に薬剤を封じ込めて生体に投与することにより、薬剤の標的場所への到達と集積性を制御することができます。本研究分野では、実装する薬剤(核酸等も含む)、標的とする臓器・細胞・分子の特性に合わせて、ナノ粒子を構成する分子を精密設計する革新的技術の開発を行います。こうした技術により、多様な治療薬の生体内でのbioavailability を向上させ、臨床応用性を格段に高めて製薬企業へと手渡すことが目標です。
分野長 : 片岡 一則(東京大学)分野長インタビュー

研究課題名と研究代表者

公募研究課題(平成26年度開始)