本プログラムは平成28年3月31日をもって終了いたしました

TOP > プログラム概要 : 創薬基盤融合技術育成領域 > 分子イメージング技術

コンテンツメニュー

関連リンク

文部科学省

独立行政法人 科学技術振興機構

創薬基盤融合技術育成領域 / DDS技術 研究分野

分子イメージング技術 研究分野について

研究テーマ : 分子イメージング技術
概 要 : 生体内分子の量の変化や働きを可視化する分子イメージング技術は、創薬研究からがん臨床研究までのさまざまな局面において有用性が高いものと期待されています。例えば、がん治療薬開発に大きく寄与するマイクロドーズ臨床試験、がんの早期発見手法の開発、がん治療薬による治療効果の評価などへの活用が考えられています。分子イメージング技術の中でも、とくにPET(Positron Emission Tomography; 陽電子放射断層撮像法)は生体への負担が少なく、高感度かつ高精度の観察が可能で、医薬品の組織分布を経時的に可視化・定量化することができます。本研究分野では、PETを用いた分子イメージング技術を中心に据え、がんを特異的に検出できる新しいPETプローブの開発や、バイオ医薬品(核酸・抗体・ペプチド等)のDDSの合理的な開発といった、がん医薬品の研究開発に活用できる革新的な分子イメージング技術の開発を目指します。
分野長 : 渡邊 恭良(理化学研究所)分野長インタビュー

研究課題名と研究代表者

公募研究課題(平成26年度開始)